リフレーミング

 リフレーミングに関する名著は多々あり。また、名スピーカーと呼ばれる方々は、そろってリフレーミングの達人であると言えるだろう。
 彼らは、“リフレーミング”というフレーム・カテゴリーを使ってこそいないが、ハッとこの眼を開かせてくれる一言を持っている。私たちが使っていなかった知覚領域を、びっくりするほどに拡げてくれることがある。新たな視点をプレゼントしてくれるさり気ないリードがある。そして、一瞬で気分を変えてくれるフレーズのマジックが、その手中にはある。
 或いは、人に限らず、物言わぬ写真から、絵画から、胸を打つ音楽から、芸術作品から、自然の神秘から、宇宙の奇蹟から、まったくこれまでになかった新しい思考が、稲妻のようにこの身体を激しく貫いたことが、あなたにもあるかもしれない。
 あなたには、ありますか?お気に入りのリフレーミング・スタイルみたいなものが。

 

 私には個人的に…これは最強のリフレーミングではないかと思うフレーズがある。
 それは、、、

 

 「よほどの理由があって…」

 

 それは以前、飯田史彦氏の講演会に出席したおりに聞いたセリフ。

 

 ピンチと思ったとき、心でつぶやいてみる、「よほどの理由があって、今この状況の中にいるのなら、ここからどんな、まだ私が気づいていない新しいステップが待っているのだろう?」
 想定外の展開になったとき、心でつぶやいてみる、「よほどの理由があって、この出来事が起きているのなら…私はここから何を学ぶのか?」
 思いがけず良い結果が出たときにも「よほどの理由があって、こんなに恵まれているのなら…私がさらに何をしていくために、これは用意された環境なのだろう?」
 嬉しいこと、哀しいこと、自分が影響を与えること、影響を受けること、自分で変えられるもの、自分では変えられないことが大小様々に続いていく、人生という美しい織物。
 その中で、

 

 「よほどの理由があって、この時代、この国に、この人たちのもとに生まれたのだとしら…?」
 「よほどの理由があって、今、この人と出逢ったのだとしたら…?」
 「よほどの理由があって、今、別れという形をとってでも教えてくれていることがあるのなら…?」
 「よほどの理由があって、このタイミングでこの課題が私を待っていたのなら…?」
 「よほどの理由があって、今この言葉・この話を聞くのだとしたら…?」
 「よほどの理由があって、今この状況の中に居るのだとしたら…?」

 

 私たちは、今、何に気づくチャンスを迎えているのだろう?
 私たちは、ここで、何を受け入れる時期に来ているのだろう?
 私たちは、そろそろ何を手放したほうが良いと知らせを受けているのだろう?
 私たちは、大切な未来のために、何を決断し行動する分かれ道に立っているのだろう?
 私たちが、これを乗り越える方法を見つけることで、さらにどんな可能性や能力が発露していくのだろう?
 私たちは、ここで一体どんな素晴らしいことを学びつつあるのだろう?
 私たちは、より一層幸せに向かうために、誰に何を告げるのだろう?
 私たちは、この創造し拡大し続ける世界から何を求められているのだろう?

 

 さて…
 あなたのお気に入りのリフレーミング・スタイルって?

最強リフレーミング…かも?関連ページ

モデリング間違ってる人多いよね
コミュニケーション・ベーシックのご受講生様から 映画「マーガレットと素敵な何か」をご紹介いただきました。NLPの“モデリング”をしているように思えます。でも、これは本当の“モデリング”とは違うのです。
私たちが世界を変える
良い人間関係を築けるようになりたいとコースをご受講いただいた方のお話しです。
カエルが人間と同じ?それとも、人間がカエルと同じ?|行動パターンの研究
NHKのスパープレゼンテーションでも放送されたTEDの動画を見て感じたこと。
コミュニケーションは知覚である
だれかとコミュニケーションをすると、私にない視点、知識を得ることができます。これまで気づかなかったことに気づけます。知覚が広がるということです。
言葉と魔術
どんな言葉が私たち、未来の人々の可能性を拓いていくのか、幸せな関係性を築いてくれるのか、温かく優しい気持ちの時間を増やしてくれるのか。
言語を探求する価値のひとつ
微笑みかけ、手をそっと握り、その方の気持ちにピッタリのメロディーを奏でられるような、そんな“言葉”“言語”をプレゼント出来る瞬間を、一瞬でも多く創りだしていきたいな。
恋の媚薬をひとしずく?
激しい恋は、一度でガツンとアンカリングされたのかもしれないね。これを故意に起こすにはちょっと修練がいるかもしれない。けれども、ゆっくり育てる恋ならば、誰にでもできるかも。
まいっか。わかってくれるだろう。
人は愛し合わずにはいられない存在。そして、出会う人全てが、私たちを愛してくれている。たとえどんなリアクションをしようとも。そして、私たちもまた。
幸せアンカー
職場の人とのコミュニケーションを高めるために、 基本の基本のコツを書きます。
1200年続く儀式とNLP
高野山を旅しました。旅の目的の一つは、卓越した継続力の秘密を探ること。わけわかんない儀式(と私は思ってました)を、お坊様たちはなぜ、1200年もひたすら続けることができるのか?
占いを最高に活用する法
どんな素晴らしい占い師さんに出逢い、よりもっともっと幸せになるお告げをもらったとしても、それを受け取る脳の癖のほうがよっぽど大事だし、影響力大なわけです。
人を大切にする方法
いつもいつも目の前の人に意識を100%向けられる人は居ないと思いますが、私たちが忙しくやっている大抵のことは、目の前の人を大切にすることよりも重要ではないのです。
世界はバランス
身近に影・ネガティブを表現してくれる人がいるなら、ありがとうと感謝の気持ちをおくりましょう。
あなたは受取るにふさわしい
世界は様々な形を通して、私たちに豊かさを届けてくれています。豊かさを「ありがとう」って受け取るイメージをしてみてください。
誰でも魔法使いになれるって知ってた?
整体師の友人が魔法を見せてくれました。一瞬で相手の身体の状態が変わったのです。
罪悪感なくNOと言ったほうが良い
お仕事でもプライベートでも「NO」と言わなきゃならんときがありますよね。そんなときのお勧めは素直に「私行きません」「私やりません」「私いりません」「私むりです」を最初に言うことです。
友達が希望を語るのが、どうしても許せなかった私
なんでかわからないイライラ・ムカムカ!イライラしてしまう自分にまたイライラして!あぁー!もういやだ!!そんなことってありますよね。
NLPでぎっくり腰が勝手に治った不思議
腕の良い整体師さんで治るんだけど、年に1回くらいのペースでぎっくり腰が癖になっていました。しかしNLPをきっかけに・・・
潜在意識ってホントにあるの?自己啓発本好きな人が変われない理由
昔の人は潜在意識というものがあるって思ってたんだって―って笑われるかもしれません。
良い人が案外“腐ったみかん”だったりする
表面的には良い人で信頼されてる人だからこそ、ちょっとした悪口の影響力は大きいことに気づいてください。
NLP誰に学ぶか
NLPでは特に“誰に学ぶか”が大事と言われてます。なぜなら、資格を発行出来るNLPプラクティショナーコースやその上級コースはどういう内容を教えるかというガイドラインはありますけれどもどういう手順で何を使って教えるかについて、またテキストさえもトレーナー自身に任されているからです。
NLPで遅刻癖も簡単に治る
自分が行くときには遅刻しがちなのですが、自分が待つ時には30分ほど早く着くことが出来ている。その違いは何だろう?
なぜ遅刻してしまうのか
遅刻しがちなのがNLPで言うところの“インタイム”の人。インタイムの人は時間の中に没頭してしまいます。
やりたい仕事が見つからない人へ
”やりたいことを見つけるって恋に落ちるようなもの”って思っているんですよね。
話し下手でも相手に伝わるコツ
一生懸命話しているのに、相手がポカーンとした顔をしていたり、途中でイライラしている様子を見せたり。でもそれって、説明の仕方が悪いわけでも話下手な訳でもなんでもないんです。
不幸になっているときは自意識過剰?
子供が○○症になったのは自分せいだとか。ちょっと言い方キツイようですが、考えてみて欲しいのです。それって自意識過剰では?
幸せになってはいけないと無意識に思っているあなたへ
自分は幸せになってはいけないと無意識に思っているという人に聞いてみたりするんです。「懲役何年?」って。
たった2分で就職試験に合格するワザ
面接前にバンザイたった2分で「この人を採用したい!」と人事担当者に言わせた実験があります!
NLPは看護師のストレスを減らす?
看護師さんの離職率は高いとよく言われます。なんだか想像できますよね、人の命に関わることですから、間違いが許されない緊張した毎日。
性格が良くなる感覚は誰でも体験出来る
“性格が変わる”分かりやすい例としては映画!映画館で映画にのめりこんだ後、歩き方や姿勢やしぐさや言葉遣いが無意識に主人公っぽくなっているのも同じ原理です。
決めることが苦手でも迷わなくなるには
いつも“Act”で動いていて望む結果を得られていないことに気づいたら“React”だとどうなるか試してみましょう。いつも“React”でエネルギー消耗しているのに気づいたら、自分がどうしたいかの“Act”基準で動いてみましょう。

プラクティショナー NLP1日体験 よくあるご質問 プロフィール メール講座 ブログ