NLP習得に関するQ&A

Q.土日の日程が合わないのですが、こちらの都合に合わせて
  プラクティショナーコースのマンツーマン・セミナーをしてもらえますか?

A.プラクティショナー・コースとマスター・プラクティショナー・コースは、NLPを体得し日常に生かしながら
  同時に、他のご受講生様を介した知覚の拡大、モデリング、意識の目覚め、という多層構造設計となっています。
  マンツーマン・セミナーでは、このグループ・ダイナミクスという“場の力”を存分にご提供できないため、
  開催しておりません。

 

  なお、『○曜日を希望』とおっしゃっていただければ、
  HP上で同じ曜日をご希望の方を募らせていただくことは出来ます。
  3人以上集まれば開催OKですので、ご遠慮なくご要望ください。

 

Q.短時間のNLP講座をたくさん受ければ、NLPは習得できますか?

A.残念ながら、短時間講座ではNLPの一部が理解出来たと言えるでしょう。
  初めてNLPに触れる方が習得できるものには限界があります。
  喩えるなら、足し算、引き算、掛け算、割り算といった基礎までです。
  長文問題の解き方まではいきません。
  加えて、プラクティショナー・コースという一定の期間を、
  共に学ぶ仲間たちと分かち合うことで、別名“実践コミュニケーション心理学”
  と呼ばれるNLPを習得できたと言えると、私は考えます。

 

Q.NLPを学べば、なぜ願望実現力が高まるのですか?

A.はい。願った結果を引き寄せるのに大切な下記の能力が、学んでいる間に自然と高まっているからです。

 

  @イメージ力 A状態管理力 B行動力 C柔軟性 D解決思考 E応援しあう人間関係力 F自己信頼

 

Q.私はNLPトレーナーではありませんが、NLPセミナーを開催して良いんですか?

A.良いですよ。
  誰かに伝えたいものがある!って、なんて素敵なことなのでしょう?!
  あなたの習った範囲内で、どうぞたくさんの人にお伝えいただき、人々をよりHAPPYにしていってくださると、
  私も嬉しいです。
  NLPでは、資格認定コースは認定トレーナーしか開催出来ませんが、
  単にNLPを伝えることに何の制約もございません。
  (※ただし、NLPから派生した各種スキルのうち登録商標されているものは除きます。ご注意ください)

 

Q.ご感想など読ませてもらうと、コースには再受講の方が多いみたいですが、何度も受講しないといけないのですか?

A.いいえ、もちろん一度で大丈夫です。
  NLPプラクティショナーという認定を取得したい場合には、全日程の80%以上参加で取得できます。
  お時間の都合がつく方に、私は再受講をお勧めしています。
  なぜなら、当然、私も毎回、コース設計やレクチャーを改善、創意工夫して変えていっていますから。
  また、共に学ぶご受講生様が変わるので、レクチャーやワークに対する質問にもシェアにも、
  新しい発見があります。
  あなた自身も前回より変化しているので、理解の広さ・深さが違います。
  初回と比べて余裕があるので、初回時には見えなかった・聞こえなかった・感じられなかったことを、
  知覚できます。
  より創造性と柔軟性を発揮しながら実践している、ご自身の変化・成長に気づけます。

 

Q.NLPをちょこっと体験しましたが、とっても簡単で、変化があってビックリしています。
  色変えたりと遊んでるみたいだったのに、こんなので効果は長続きするんでしょうか?

A.『え?こんなことで〜?!』って、びっくりしますよね、私も最初はそうで、半信半疑で受講してました。
  でもね、続きますよ。
  そして、新しい自分が普通になるから、過去の課題や変化したことさえも忘れていきます。
  『簡単=効果薄い』とか、『深い悩みには難しい手法』など、単なる思い込みです。
  続かなかったり、効果がなかったりしたら、それにもちゃんと理由があります。
  本当の望みでなかったり、押さえるべきポイントを押さえていなかったり、
  変化に抵抗する肯定的な意図があったり。
  変化が続かないということも、
  よりあなたらしい幸せへ近づく貴重なサイン・情報として活用していけるのがNLPです。

 

Q.NLPが実践コミュニケーション心理学と呼ばれるのは、
  “他者とのコミュニケーション”と“自分とのコミュニケーション”の双方を高めていくからと聞きました。
  “他者とのコミュニケーション”の重要性はわかりますが、“自分とのコミュニケーション”とは?
  それはなぜ大事なんですか?

A.“自分とのコミュニケーション”とは、
  @状態管理(感情コントロール)できること 
  A無意識の意図(本当の望み)に気づけることを言います。
  これらは“他者とのコミュニケーション”より重要です。
  なぜなら、人間関係の悩みやストレスのほとんどは、
  『こんな自分だったらもっと良い結果が出ると分かっているけど、出来ない』そのギャップにより生ずるからです。
  なりたい自分がいるのに身体や心が動かない、そんなストレスフルな状況が続くと、
  人は自分を責めたり過小評価して、ますますストレスが溜まっていきます。

 

  NLPでは「冷静で丁寧に対応出来る自分」「陽気で遊び心がぐんぐん湧いてくる自分」
  「多くの聴衆の前でも、堂々とハートからハートに語りかけられる自分」など、
  あなたの状態を一瞬で切り替えられるスイッチを創ることが出来ます。
  『本当は自分はどうしたいのか?』意識の50万倍ものパワーを持つと言われる無意識(潜在意識)を理解し、
  味方につけることが出来ます。
  そしてそうしているうちに、スイッチさえ必要としなくなり、いつでも、力を抜いてありのままで、
  『こうあろう』『こうしてみよう』と何となく思ったことが、気が付いたらスムーズにそう出来ている、
  そんなあなたになっていることに気づくでしょう。

 

Q.NLPを学ぶと言えば、プラクティショナー・コースのことですか?
  結構高額なので、その価値があるのかどうか、受講を迷っています。

A.そうですね、プラクティショナー・コースのことです。
  そして確かに、高額と思えます。
  そして、いつか数年後に、あなたとあなたの大切な人たちの人生やキャリアを、
  豊かに変え続けてくれたツールと仲間を手に入れてたのだなぁと振り返った日には、
  大変安いと思えるのかもしれません。
  あなたは今、どんな日々を願い、どんなことにストレスを感じ、
  どれほどエネルギーを消耗されていらっしゃるのでしょうか?
  このHPをご覧になっていただいているということは、あなたの毎日に、
  少なくとも100%の満足はされていらっしゃらないのではないでしょうか?
  もうどれくらい長い時間、何か良い方法はないだろうかと探していらっしゃいますか?
  きっとこうして探している間も、ちょっとしたストレスになっていらっしゃるのではないでしょうか?

 

  私もかつて、しょっちゅうあれこれ探しては時間を費やし、後悔して…の繰り返しでした。
  私は、私がNLPによって変われたから、私の知っているNLPをお伝えしています。
  しかし、私とあなたは違う存在ですし、環境も状況もお財布事情も違います。

 

  私が言えることは、ひとつです。
  「とにかく、やってみないとわからない」
  そして、どうせやってみるのなら、早いが良くないですか?だってあなたの人生も私の人生も…有限なのですから。

このページの先頭へ戻る