『性格が良くなるVRは誰でも体験出来る』

NHKクローズアップ現代で

 

『バーチャルリアリティー(VR)は驚くべきことに人の性格まで変える!』

 

というのをやっていました。

 

 

 

VRでヒーロー体験をした人と

 

ただ成り行きを見守る体験の人とを比べると、

 

ヒーロー体験者は他人を助ける率100%!

 

また行動を起こすまでのスピードが格段に速い!!

 

『このように性格が変わるからVRソフトの内容に気をつけなくては!』

 

と警鐘を鳴らしていました。

 

 

しかしながら

 

潜在意識を長く学び教える立場の者だったら

 

『家にVRなくても毎日やってることですよ!』

 

って声を揃えて言うでしょう。

 

何も驚くような特別なことではありません。

 

 

とは言え、

 

ちゃんとした研究をして発表してくださって

 

とてもありがたいです

 

 

 

“性格が変わる”分かりやすい例としては映画!

 

映画館で映画にのめりこんだ後、

 

歩き方や姿勢やしぐさや言葉遣いが

 

無意識に主人公っぽくなっているのも同じ原理です(#^.^#)

 

 

 

“引き寄せの法則”本で

 

「アリアリと想像せよ」と言ってるのも同じ。

 

 

VRなんかなくても

 

人の脳はVRと同じことを昔からやっています。

 

 

 

1977年の研究で、

 

アメリカ体操のオリンピック最終選考会の参加選手は

 

イメトレしているのはもちろんですが、

 

その中でもオリンピックの出場資格を得た人は、

 

落選者よりもアリアリとリアルに(VRのように)

 

イメージしていたことが報告されています。

 

落選者は客観的に見るテレビのようなイメージを

 

していた人が多かったのと、また、同時に

 

失敗場面のイメージすることも多かったとの報告です。

 

 

 

かのウォルト・ディズニーも、

 

ディズニーランドやディズニー映画の構想を立てている時には

 

うつろな瞳で思いっきりあさっての方向をボゥーッと眺め、

 

身じろぎもせず完全にその世界へ入りきっていたと言います。

 

 

 

アインシュタインが相対性理論を思いついたときも

 

同じように空想の世界に没頭しきっていたと聴きます。

 

 

 

NLPを学んだ人たちの中に

 

望む未来をすんなり手に入れる人が続出するのは、

 

受講中に何度も

 

VR眼鏡をかけているように望む未来に行って

 

5感をたっぷり使って疑似体験するからです。

 

 

 

 

私のNLP仲間の一人に、

 

何日も理想の未来に没頭できる人がいます。

 

その人によると、その時間は

 

『まるで恋をしている時の感覚で、
 寝ても覚めても考えずにはいられない』そうです。(*゚ー゚*)

 

なので一度それを起こしたら、

 

かつての苦手意識なんて軽やかに乗り越えて、

 

まっすぐに理想の未来へとワクワク行動し続けます。

 

 

 

VRの実験後

 

無意識にヒーローらしいふるまいをしていたように、

 

無意識に未来の自分にふさわしい思考と感情・行動になるから

 

本人は努力している感覚なく自然に

 

気がついたら叶っていた、という訳なんです!

 

 

それに…

 

失敗イメージが引き寄せる結果も知ってますからね、

 

自分たちの何気ないイメージや言葉や身体の使い方に気づいたら、

 

欲しい結果を引き起こすイメージと言葉の使い方へ

 

ちゃんと変えられます。

 

自分では気づけなくても、

 

NLPer仲間も気づいたら教えてくれますしね(^_-)-☆

 

 

かつて無理だ!と思っていたことをはるかに、想像を超えたあなたへ

コミュニケーション能力を高めること、感情・ストレスに巻き込まれない方法、自分らしい才能を発揮して自他ともに幸せであることにご興味があるあなたと、学び成長していくことが喜びです。 ご連絡お待ちしています。

愛媛県松山市湊町4−3−2 こがねビル2F

office de*Sign なかしまみち>性格が良くなる感覚は誰でも体験出来る

LINEで気軽に相談♪https://line.me/R/ti/p/%40xdw8478j

電話:089−961−1132

(講座・セッション中は電話に出ることができません。お手数ですが留守番電話へご伝言願います。)

このページの先頭へ戻る