『コミュニケーションは知覚である』と、経済学者ドラッカーさんも言いました。
私もそうだなーって思います。

 

私がそう思う理由は、ドラッカーさんが言ってる意味以外にもあります。
だれかとコミュニケーションをすると、私にない視点、知識を得ることができます。
そうすると、これまで気づかなかったことに気づけます。
知覚が広がるということです。

 

 

たとえばこんなことがありました。
ある時、Aカフェの店員さんとお話しているうち、
そのカフェの椅子がすべてアンティークであるということを知りました。

 

ふぅーん。
Aカフェがオープン後何年経っても、変わらない落ち着いた雰囲気を醸し出しているのは、そういうインテリアへのこだわりもあるのかな?
それくらいしか、その時は思いませんでした。

 

 

その後、Bカフェへ行きました。
ボーっとくつろいでいるときふと、気付いたのです。
床やテーブルや椅子のちゃちっぽさに。。。
そして、オープン以来、丁寧にお手入れをしていないだろうことにも。。。

 

オープン直後はおしゃれだったでしょう。
ピカピカで、モダンで。

 

しかし、Aカフェとそれほど違わない年月で、Bカフェは傷ついて安っぽく見える店内。
Aカフェの変わらずシックな雰囲気。

 

 

インテリアに特に興味がなかった私。
あの時Aカフェの店員さんと話をしなければ、Bカフェに入っても気づく(知覚する)ことはなかった。
今のちゃちい店内が私には見えなかったのです。

 

それぞれのカフェのコンセプト、お客様のために美しく維持管理し続けようとするポリシー・想いの違いも、知覚することはなかったのです。

 

そういうこと、あるでしょ?
カラーについて学んだ途端、これまで気づかなかった色の組み合わせに気づいたり、何気なく見すごしていた看板の素晴らしいデザインに惚れ惚れしたり。

 

 

目の前の“人”についても、話をして相手を知れば知るほど、素敵なところに気づきめっちゃコーフンしたこと…ないですか?

 

 

コミュニケーションすればするほど、コミュニケーションを通じて知れば知るほど、知覚そのものが鋭敏になってきます。
その分これまで見えなかった世界が見えてきます。

 

私たちの知らない世界はどれだけ広大なのでしょうか?

 

 

私は知りたい。
そこにはもっと精神的にも物質的にも豊かな世界が広がっているから。
そしてあなたにも知ってほしい。
見て聞いて味わって体験してほしい。
そこにはあなたの知らないあなたの才能が眠っているから。

 

かつて無理だ!と思っていたことをはるかに、想像を超えたあなたへ

コミュニケーション能力を高めること、感情・ストレスに巻き込まれない方法、自分らしい才能を発揮して自他ともに幸せであることにご興味があるあなたと、学び成長していくことが喜びです。 ご連絡お待ちしています。

愛媛県松山市湊町4−3−2 こがねビル2F

office de*Sign なかしまみち>コミュニケーション,知覚

LINEで気軽に相談♪https://line.me/R/ti/p/%40xdw8478j

電話:089−961−1132

(講座・セッション中は電話に出ることができません。お手数ですが留守番電話へご伝言願います。)

このページの先頭へ戻る