親との関係はすべてのベースです

こんにちは☆
みちです♪

 

前回の宣言メールで、
『今回の秘密のラブレターの内容が嬉しかったです。
 たぶん、私の寂しさも大いにありますが、
 美知さんと接していると言いたいことが
 ある雰囲気を常に感じるんですが、
 めったに言ってくれないので。
 自分も、素直になるように心がけます。
 勇気をありがとうございます。』
と嬉しいメッセージをいただきました!

 

ありがとうございます!なので、
より一層素直になっちゃおー(*^。^*)

 

 

さて、今日はあなたにお尋ねしたい。

 

『あなたはご両親と仲良しですか?』

 

私は…
心理学に関わるまで恨んだり嫌ったりしてました。
それから学びと実践の中で…
ゆるし。受け入れ。自立へと。
ありのままを認められる時間が、
だんだん増えてきているように感じます。
優しくなれる時間が増えてきたかな〜♪

 

 

親子関係は、
すべての人間関係に影響を及ぼします。
だから、
気になる人は早く癒したほうが良いですよ。

 

親の中には、
子どもと自分の境界がほとんど無い人がいます。
逆もまたそうだったり。

 

私もなんだかんだ親に逆らいながら、
親と自分の人生がごっちゃになってました。
どこか心の奥底で、親の評価を気にしてたんですね。

 

そして、
聴きたくない親のいつもの愚痴を
『あんたにしか話せんのにぃ〜』
なんて言われちゃうと、
自分は親不孝者なのかと自分を責めたり。

 

 

だけどね。
親の問題は親が解決すべきものなんです。
親の人生の責任は親がとるべきもの。
ま、これは親でなくても
どんな関係の人ともですけどね。^^

 

 

親との関係が、
こんがらがった糸のようになってる人、
意外と多いと思います。
ある意味仕方ないです。
だって、
子供のうちは一人では生きていけなくて。
一心同体のように過ごす時期がありますから。

 

 

それで、
反抗したり、ゆるしたり、お互い繰り返しながら、
それぞれ自立していくんですね。

 

 

うちに相談に来られる方々の中には、
その自立が不十分で日常生活がしんどい方、
結構いらっしゃいます。
中には反抗期がなかった(出来なかった)人も。

 

 

親と自分との境界線を引きなおしましょう。

 

一人一人、
個別の人格と人生を持っていて、
それを大切にしながら、
それぞれの最大の幸せになって良いんだと。

 

そして、
まずは自分が幸せになること。
自分が幸せにならないと、
誰かのサポートなんて出来ないですもんね♪

 

 

 

ではまた!!
今週も素敵な一週間に♪

 

Thank You & Love You!

 

かつて無理だ!と思っていたことをはるかに、想像を超えたあなたへ

コミュニケーション能力を高めること、感情・ストレスに巻き込まれない方法、自分らしい才能を発揮して自他ともに幸せであることにご興味があるあなたと、学び成長していくことが喜びです。 ご連絡お待ちしています。

愛媛県松山市湊町4−3−2 こがねビル2F

office de*Sign合同会社

メール 親との関係はすべてのベースです

LINEで気軽に相談♪https://line.me/R/ti/p/%40xdw8478j

電話:089−961−1132

(講座・セッション中は電話に出ることができません。お手数ですが留守番電話へご伝言願います。)

このページの先頭へ戻る