幸せになりたいのになれない理由

こんにちは☆
みちです♪

 

 

これまで、
何回かにわたって
私たちの中には価値観の“フレーム”があることを
お伝えしてきました。

 

それは時に行動へのブレーキになります。
例えば
『失敗してはいけない』
『成功させなくちゃ』などが、
怖れのブレーキに。

 

前回お友達がシェアしてくれた
『欲しがってはいけない』は、
自分が何をしたいのか何を求めているのか
方向をわからなくさせてしまうブレーキに。

 

また時には行動へのアクセルにもなりますね。
『成功させなくちゃ』によって
事前の準備を万端に整えることが出来たり。
『お客様により良いサービスをを提供したい』が
お店の清掃や新しい技術の習得につながったり。

 

 

私たちは数え切れないほどのフレームを持っています。
そしてそのフレームに突き動かされています。
反応させられています、無意識的に。
大げさに言うと、
フレームで反射的に行動するロボットとも言えるでしょう。

 

 

先日、
大好きなNLPの師匠・山崎啓支さんの新著
『人生の秘密』出版記念講演会へ行ってきました。
そこでも、
『私たちを苦しめているのは様々な価値観のフレームである
 そして価値観を生みだしているのは過去の経験である』
ということをまず知るためのお話しを
あらゆる角度からしていただきました。

 

 

私も時々考えます。
私は私たちが“幸せでいられるように”と願い、
いろんな活動をしています。
それは私の中に、
“みんな幸せになるべきだし、なれる”
“みんな個性を尊重しながら仲良しなのが良い”
“みんな自由でノビノビ暮らせる世界がステキ”
という価値観があるからです。

 

けれども時々矛盾を感じます。

 

「幸せになろうよ」
「もっと自由になろうよ」と言えば、

 

『私はどうしてなかなか幸せになれないんだろう?』
『私はなぜ自由でないんだろう?』

 

と悩む人が出てきます。

 

すべてのことにおいてそうです。
あらゆる治療法があり、
あらゆる教えがあり、
あらゆる提案が読み切れないほどの書籍の中にあり。

 

それによって楽になり満ち足りる人もいれば、
必ずしもそうならない人がいます。

 

 

『自分の中の価値観に気づいて、
 それを手放す練習をしていこう』と、
山崎さんは新著の中で提案してくださっています。
そして最後には、
『この本の中で提案している
「価値観を手放す」ってこともまた
 手放して良いんだよ』と。

 

 

“価値観を手放したら良い”というのも、
また価値観のフレームですから、
それが私たちをくるしめることのないようにとの配慮です。

 

 

とは言え、
フレームなしに私たちは生きていかれません。
交通ルールなしの世界に出ていくようなものです。

 

 

それでね
もしももしもね、神様が
『幸せになるにはフレームを3つだけ選ぶことじゃ!
 人間の不幸はフレームを持ちすぎたことなんじゃ!』
って言ったらどうします?

 

どれを選ぶ?

 

“携帯電話は必需品”ではないよね?!

 

“人にきらわれない方が良い”?
“学歴・資格を持ってるのが良い”?
“自分に正直に生きるのが良い”?
“夢を持たなくちゃ”?
“受け取るよりも与えなくては”?

 

 

本当に本当に大事にしたい価値観はどれでしょう?
大事にする時があっても良いし
手放す時があっても良い価値観はどれでしょう?

 

 

すべてのものには裏と表があります。
光と影があります。
ならば光でも影でもないってことですよね。

 

だったら、
執着し過ぎないで軽やかにいきたいですね。

 

 

 

気づいたこと、
シェアしてくれたら嬉しいな☆

 

 

 

ではまた!!
今週も素敵な一週間に♪

 

Thank You & Love You!

 

かつて無理だ!と思っていたことをはるかに、想像を超えたあなたへ

コミュニケーション能力を高めること、感情・ストレスに巻き込まれない方法、自分らしい才能を発揮して自他ともに幸せであることにご興味があるあなたと、学び成長していくことが喜びです。 ご連絡お待ちしています。

愛媛県松山市湊町4−3−2 こがねビル2F

office de*Sign なかしまみち>幸せになりたいのになれない理由

LINEで気軽に相談♪https://line.me/R/ti/p/%40xdw8478j

電話:089−961−1132

(講座・セッション中は電話に出ることができません。お手数ですが留守番電話へご伝言願います。)

このページの先頭へ戻る