コーチングを学んで逆にきらわれる上司たち

こんにちは!
みちです。

 

 

 

『こんな時にはどんな言葉を言えば良いんですか?』

 

 

よく聞かれます。
そりゃあNLPに答えはあります。
でも私は安易に教えません。^^

 

 

なんでなん?ケチー!<(`^´)>

 

 

…という声が聞こえそう^^;
だってねー、あなたにもご経験あるでしょう?

 

 

相手がなんだかこれまでと違う言い方で話しかけて来て…

 

『あー。この言い方本で読んだことあるー。
 何この人?!
 一生懸命私をその気にさせようと、
 あれこれスキルを駆使しようとしているなぁ。
 でもバレバレ〜。うざい!(+o+)』

 

と白けちゃったことが。
相手は上司だったり部下だったり営業マンだったり。

 

 

そしてそんなバレバレな時、
『じゃあ、そうします』
って相手の意見を受け入れた?

 

『じゃあ、この人から買いたいな』
長いお付き合いしたいなって思った?

 

 

私は思わない~。
頑張ってるねーって思うだけ。

 

なぜか?
表面部分(言葉)なところだけ整えてるのがわかるから。
深層部分(信念・気持ち)がともなっていないから。
それは不一致感として潜在意識がキャッチするんですよ。

 

 

よく企業研修で上司が
にわかコーチングを学んでくるけれど、
部下にますます嫌われるのはそういういことです。
深層部分の『自分の思う通りに働かせたい』と言う思いと、
表面部分の『あなたを認め信頼しています』に不一致があるから。

 

 

そしてそのギャップが逆効果になって
結局元通りの職場に。

 

 

親子関係でもそうです。

 

なのでNLPでは深層部分からギャップを整えていきます。
そうすると表面的なテクニックではなく、
心からの言葉なので相手に届くのです。

 

 

極端に言うと、
人間関係が出来ていると言葉なんてどう言ったって良いんです。

 

そういう人身近に一人くらい居ませんか?
『あいつは言い方は乱暴だけどええこと言う』的な。

 

 

言葉は想いを伝えるひとつの手段です。
人間関係が出来て
心開かれた関係で初めて、
相手の心に響き相手を動かすことができます。

 

 

心閉じられた関係や
警戒されている関係では、
届くどころか攻撃ともみなされます。

 

 

人材育成や会話が長続きするテクニックが
たくさん載った本はいっぱいありますから、
どうぞその点を心に置いて読んでくださいね。

 

 

 

では!
今日もHappy&Lucky〜♪

 

かつて無理だ!と思っていたことをはるかに、想像を超えたあなたへ

コミュニケーション能力を高めること、感情・ストレスに巻き込まれない方法、自分らしい才能を発揮して自他ともに幸せであることにご興味があるあなたと、学び成長していくことが喜びです。 ご連絡お待ちしています。

愛媛県松山市湊町4−3−2 こがねビル2F

office de*Sign合同会社

メール コーチングを学んで逆にきらわれる上司たち

LINEで気軽に相談♪https://line.me/R/ti/p/%40xdw8478j

電話:089−961−1132

(講座・セッション中は電話に出ることができません。お手数ですが留守番電話へご伝言願います。)

このページの先頭へ戻る