『罪悪感なくNOと言ったほうが良い訳』

お仕事でもプライベートでも
「NO」と言わなきゃならんときがありますよね。

 

そんなときのお勧めは
素直に

 

「私行きません」
「私やりません」
「私いりません」
「私むりです」

を最初に言うことです。

 

 

日本人の多くに、
尋ねられてもないのに
断る理由を一生懸命言われる方がいらっしゃいます。

 

『本当は協力したいんですよー』

 

と伝えたいお気持ちはよーくわかります。

 

 

だけど実は逆効果のことが多い。

 

『○○だから…行けないかも…』

 

なんて言われると
言われた側はついそれをあなたの課題と想い、
あなたのためにと解決策を考えます。

 

 

 

つまりアイデア・アドバイスに意識がフォーカスします。

 

「こうしたら良いんじゃない?!」とか。

 

 

そしてお互いよく無意識に起こりがちなのが
理由(課題)と解決策(アドバイス)の言い合いに。。。

 

 

そして最終的には心の中で

 

『自分がこんなに言ってるのに、
 全然わかってくれない!』

 

と相手にがっかりしてしまうことに。

 

 

だから最初に素直にあっさり言えばOKなのですよ。

 

「私行きません」
「私やりません」
「私いりません」
「私むりです」

 

それで理由を聞かれたら言えば良いです。

 

ま、私は理由も特別言わないで良いと思いますけれども。

 

「行きたくないから」
「やりたくないから」
「必要ないから」
「興味ないから」
「なんだか気が乗らないから」
「他のことに時間使いたいから」

 

 

え?!ドキドキする?
言ったらどうなるか不安?

 

そんなあなたは一緒に練習しましょ!

 

かつて無理だ!と思っていたことをはるかに、想像を超えたあなたへ

コミュニケーション能力を高めること、感情・ストレスに巻き込まれない方法、自分らしい才能を発揮して自他ともに幸せであることにご興味があるあなたと、学び成長していくことが喜びです。 ご連絡お待ちしています。

愛媛県松山市湊町4−3−2 こがねビル2F

office de*Sign なかしまみち>罪悪感なくNOと言ったほうが良い

LINEで気軽に相談♪https://line.me/R/ti/p/%40xdw8478j

電話:089−961−1132

(講座・セッション中は電話に出ることができません。お手数ですが留守番電話へご伝言願います。)

このページの先頭へ戻る